TECH BOX

Technology developer's blog

ファジィ理論 〜台形型〜

ファジィ理論の3回目。
今回は台形型について紹介します。

台形型

ファイジィ理論の台形型は三角形型の応用になります。

trapezoid

台形型は図の通り頂点が2つになります。
この頂点間は常に1になります。

例えば、画像の遅延表示の領域設定などで使えます。

利用するパラメータは5つです。

  • value … キーとなる数値
  • min1 … 0からmax1へ向かう右肩上がりの始端
  • max1 … 頂点1
  • max2 … 頂点2
  • min2 … max2から0に向かう右肩下がりの終端
// 台形型
function Trapezoid (value, min1, max1, max2, min2) {
  // 始端、終端の範囲外なら常に0
  if (value <= min1 || value >= min2) return 0

  // 頂点間の場合は常に1
  if (value >= max1 && value <= max2) return 1

  // max1より小さい場合は右肩上がり
  if (value < max1) return Grade(value, min1, max1)

  // 1〜0へ向かう
  return ReverseGrade(value, max2, min2)
}

// 傾斜型
function Grade(value, min, max) {
  if (value <= min) return 0
  if (value >= max) return 1

  const diff = max - min
  return (value / diff) - (min / diff)
}

// 逆傾斜型
function ReverseGrade(value, min, max) {
  if (value <= min) return 1
  if (value >= max) return 0

  const diff = max - min
  return (max / diff) - (value / diff)
}

See the Pen Fuzzy – Trapezoid by Nobuyuki Kondo (@artprojectteam) on CodePen.0

サンプル

グレーの領域内でのみテキストのopacityを1にするサンプルです。
これを応用すると、画像遅延表示を比較的簡単に実装できます。

See the Pen Fuzzy – Trapezoid Sample by Nobuyuki Kondo (@artprojectteam) on CodePen.0

ファジィ理論の関連記事

※関数化したtipsをGitHubにアップしています

Write a commets